Interview

介護老人保健施設あらまち 生活相談員

五木田 暁子

H26.4入職

県外の福祉事業所にて6年の現場職員の経験を経て、結婚後Uターンで新潟県に戻る。 入職3年目に出産・育休を経て現施設にて生活相談員として勤務。 利用者・ご家族の想いを真摯に受け止め丁寧で熱心な相談支援が、利用者・職員から厚く信頼されている。 育児と仕事を上手に両立させ、先輩相談職として後輩を育成中。

一番やりがいを感じるのは
「あなたに話してよかった」と
言っていただけたときです。

就職したきっかけはなんですか?

Uターンで地元に戻ってきたときに、これまで使っていなかった社会福祉士の資格を生かして働きたいと考え、ながおか医療生協に就職しました。

現在のお仕事の内容は?

メインは施設見学や入居に関する申し込み・契約の手続きなどです。 利用者さんのご家族との面談、入居前に病院やご家庭への事前訪問などを行っています。

この職場の魅力はなんですか?

上下関係を意識せずに働ける雰囲気の良さがあります。 私は産休から復帰したばかりなので、子どもが3歳になるまで利用できる『育児短時間勤務』という勤務形態で働いています。 勤務の開始終了合わせて1時間を短縮して働くことで家庭と仕事のバランスもとれていますし、時間休などの休みもとりやすいです。 子どもが具合が悪くなった時も法人内に子どもクリニックや病児保育があるので、子どもを預けて働くこともできるので、女性でも安心して働くことができる職場だと思います。

生活相談員という仕事のやりがいはなんですか?

相談者さんとお話をしたときに利用者さんのご家族から「あなたに話してよかった」と言っていただけるときに一番やりがいを感じます。 介護保険の手続きなど何も知識がない状態で不安を感じているご家族の方が多くいらっしゃるので、相談の中で安心した姿を見れたときなどこの仕事をやっていてよかったと感じます。

この先の目標はなんですか?

ケアマネージャーの資格をとりたいです。 ケアマネージャーの試験はクリアしてるのですが、実習をまだ受けていないので実習を受け、ケアマネージャーとして入居施設で勤務をしたいと考えています。 入居施設は利用者さんが住む場所なので、より利用者さんと深くかかわれるところが魅力です。 利用者さんとより近い環境で働きたいと考えています。

これから入社を考えている方へ

私は生活相談員の仕事は未経験でながおか医療生協に入職しました。 経験がなくても周りの職員が丁寧に教えてくれるので困ることなく働くことができます。 若い方や新卒の人も多い年齢層が幅広い職場ですが、すごくなじみやすく雰囲気がいいところです。